※このページは印刷できません。

第七回米子歴史絵巻を開催いたします


今年度で第7回を迎える米子歴史絵巻
第7回は、米子市指定文化財である米子市立山陰歴史館(旧米子市庁舎)を会場に、
鳥取県智頭町を拠点に活動しておられる、
「新田人形浄瑠璃芝居相生文楽(しんでんにんぎょうじょうるりしばいあいおいぶんらく)
をご覧いただきます


「新田人形浄瑠璃芝居相生文楽」は、
明治初期、集落の人心の荒廃を憂いた岡田太平治らによって生まれた人形浄瑠璃芝居です。
明治17年(1874)に、その一歩を踏み出し、のちに「相生会」と命名。
昭和27年(1952)、28(1953)年に、人間国宝桐竹紋十郎に指導を仰ぎ、
「相生文楽」の名を受けました。
現在は智頭町にある「人形浄瑠璃の館」を拠点に活動しておられます。

人情味豊かな人形浄瑠璃芝居の世界を、
ぜひご覧ください!!

開催日時:平成30年121日()午後1時30分から午後2時30分(午後1時開場)
会    場:米子市立山陰歴史館第1展示室(米子市中町20番地)
観  覧  料:無料(要整理券
定   員:100名
主     催:米子市、米子市教育委員会、(一財)米子市文化財団[米子市立山陰歴史館・米子市文化ホール]

観覧に必要な整理券は、平成30年112日(金)午前9時30分から配布します。
(配布場所:米子市立山陰歴史館、米子市文化ホール、米子市文化振興課)  
※整理券の配布は終了しました。

携帯サイトはこちら