特別企画展1「アール・ヌーヴォー ガラス工芸の美  – 井上幸夫・英子コレクション受贈記念 –」

広島県在住の井上幸夫氏(米子市出身)から本市へ寄贈される、アール・ヌーヴォー期のガラス工芸コレクション79点を一堂に公開します。 鮮やかな色彩、光と影が織りなす、幻想的なガラス工芸の世界をお楽しみください。


 

平成29年度 米子市美術館 特別企画展1 

アール・ヌーヴォー ガラス工芸の美

– 井上幸夫・英子コレクション受贈記念 –

 

ガレ《海底文花瓶》

 

エミール・ガレ《海底文花瓶》1900-1904年頃

画像提供:株式会社ベル・デ・ベル


 

 

会 期 : 平成29年 8月 5日(土)〜 8月 27日([水曜日休館] 


会 場 : 米子市美術館


主 催 : 米子市、米子市教育委員会、一般財団法人 米子市文化財団 米子市美術館

  

協 力 : 株式会社ベル・デ・ベル、はつかいち美術ギャラリー、伯耆国「大山1300年祭」実行委員会

  

観 覧 料 : 無料 


 
米子市ではこの度、本市出身で「米子市ふるさと経済活性化委員」を務める広島県在住の井上幸夫(いのうえ・ゆきお)氏からガレ、ドームを中心としたアール・ヌーヴォー期のガラス工芸品等79点をご寄贈いただくことになりました。これを記念し、市民の皆さまへのお披露目として、平成29年度米子市美術館特別企画展1「アール・ヌーヴォー  ガラス工芸の美  −井上幸夫・英子コレクション受贈記念−」を開催いたします。
 
井上氏が、約30年の長きにわたり最愛の奥様とともに収集されたこのコレクションは、これまでにも国内の美術館で展示されるなど、専門家からも高い評価を得ている国内有数の個人コレクションであり、79点もの作品を一堂に集めてご紹介するのは初めての試みとなります。
 
本展が、鮮やかな色彩、光と影が織りなす幻想的なアール・ヌーヴォー期のガラス工芸の魅力に触れていただく機会となりましたら幸いです。
 


 

関連事業 (いずれも参加無料)

 

@ オープニングギャラリートーク (開会式終了後)

日時:8月5日(土) 午前10時 〜10時30分

講師:野依秀行氏(株式会社ベル・デ・ベル代表取締役)

会場:本展会場内

 

A 記念講演会

日時:8月5日(土) 午前11時 〜12時(約1時間) ※午前10時30分に開場します

会場:米子市立図書館 第3、4研修室

講師:野依秀行氏(株式会社ベル・デ・ベル代表取締役)

定員:70人(申込不要・先着順)

 

B 担当学芸員によるギャラリートーク

日時:8月12日(土) 午後2時 〜2時30分

会場:本展会場内

 





 ミュージアムスタンプラリー対象事業 /とっとり県民カレッジ連携講座

 

PAGE TOP