特別企画展2「米子美術家協会 −70年のあゆみ−」

1947年に鳥取県西部の美術教員を中心に発足した「米子美術家協会(米子美協)」設立当初の会員から旧会員・現会員までの洋画・日本画・版画作品約120点を紹介することにより、70年にわたる同会の軌跡を辿ります。


 

平成29年度 米子市美術館 特別企画展2 米子美術家協会  −70年のあゆみ−


 

会 期 : 平成30年 1月 21日()〜 2月 18日() [毎週水曜日休館]


時 間 : 午前10時 〜 午後6時


会 場 : 米子市美術館


主 催 : 米子市、米子市教育委員会、一般財団法人 米子市文化財団 米子市美術館

 

協 力 : 米子美術家協会

 

助 成 : 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団

 

後 援 : 米子市美術館後援会、米子市文化協議会、BSS山陰放送、日本海テレビ、TSK山陰中央テレビ、

テレビ朝日鳥取支局、中海テレビ放送、新日本海新聞社、山陰中央新報社、朝日新聞鳥取総局、産経新聞鳥取支局、

毎日新聞鳥取支局、読売新聞鳥取支局、共同通信社鳥取支局、時事通信社米子支局、エフエム山陰、

DARAZ FM (順不同)



 


 

観 覧 料 : 一般 600(400)円  、大学生以下無料

 

※( )内は前売、15名以上の団体、障がいのある方[付添1人を含む]の料金

次の方は当日料金から100円引きになります。

・70歳以上の方

・米子市歴史館友の会、Feel友の会会員の方(要会員証)

・鳥取県ミュージアム・ネットワーク加盟館のチケットや年間パスポートをお持ちの方

(割引重複利用不可)

 

前売券販売所 :

米子市美術館、米子市教育委員会文化課、米子市美術館後援会、米子市立図書館、米子市立山陰歴史館、

米子市文化ホール、米子市公会堂、米子市淀江文化センター、米子市児童文化センター、米子高島屋、

アルテプラザ(米子天満屋4階)、今岡商店、中央画材米子支店、本の学校今井ブックセンター、

今井書店錦町店、今井書店境港店、鳥取県立博物館、倉吉博物館、安来市観光交流プラザ、

島根県立美術館ミュージアムショップ、ローソンチケット(Lコード: 62630)他

  


 
米子美術家協会(米子美協)は、妹尾輝雄ら鳥取県西部の美術教員を中心に「自分たちも美術家集団を」と戦後間もない1947年1月発足し、2017年に設立70周年を迎えました。
 
会員らは既存の美術団体の枠を超え、米子市展、鳥取県展はもとより、中央展に出品する画家も多数参集しました。同会は、自ら切磋琢磨する場とするとともに、米子を中心とした県西部の絵画界を盛り上げ、現在もなお継続して活動しています。
 
本展は設立当初の会員である妹尾輝雄、梶谷寿雄、金畑実、 坂口寛夫をはじめ米子美協の礎を築いた旧会員から現会員まで 洋画、日本画、版画作品約120点を紹介することにより、 70年間にわたる米子美協の軌跡を辿ります。


本展チラシ画像はこちら (ファイルが開きます) → チラシ表面チラシ裏面
 


 
出品作家
 
【旧会員】
安達孝三、新井武、生田眞、石川惣吉、石田整昭、石塚征子、石飛幹夫、石野眞、泉幹夫、稲倉廣、
稲田穎吾、井上迪彦、入江淑元、岩崎浩二、梅実明、梅原宏治、梅原幸枝、遠藤恵裕、大江昇、大場義彦、
奥田盛雄、小倉伸夫、尾沢昇、梶谷寿雄、柏木参治、金畑実、河田久寿、河本清、國頭繁次郎、幸形栄治、
小谷悦夫、坂口寛夫、笹鹿憲一、嶋田俊夫、清水邦雄、清水芳武、庄司俊英、杉本隆喜、杉本みつる、
鷲見彦一、角護、妹尾輝雄、世山邦彦、田中重利、田中良一、田村憲二、長尾寛、中村芳雄、柳楽吉郎、
沼信、長谷川富三郎、濱田珠鳳、濱田良徳、原田義道、干村恵美子、福島愛山、福永晶爾、前田修、
前田進、松原孝明、松原靖子、水田淑恵、光木桂二、最上稔、本池敬郎、安田光昭、安田富穂、八橋誠滋、
山本朔士、渡瀬春明

【現会員】
赤本和夫、石田しのぶ、今出茂徳、植田邦子、梅須洋子、遠藤師夫、大田澄江、加藤哲英、吉川祐子、
倉鋪悠、小西怜子、佐々木勇、佐島征、佐藤千秋、新宮雄子、竹安堯文、谷川章、築谷士郎、永井俊郎、
中野勝喜、浜野洋一、福島田鶴子、松井薫、八尾洋一、米原貴志子
(五十音順、敬称略)
 


 

関連事業 

 

@ オープニングギャラリートーク

米子美術家協会元会長・加藤哲英氏(画家)に作品解説をしていただきます。

日時:1月21日(日) 午前10時10分頃〜

会場:本展会場内

※当日有効の観覧券が必要です

 

A 学芸員によるギャラリートーク

日時:1月27日(土)、2月10日(土)各日午後2時〜

会場:本展会場内

※当日有効の観覧券が必要です

 

B ワークショップ 「静物を描く」

自分の好きな画材(例:色鉛筆、クレパス、水彩・油彩絵の具、筆、スケッチブック、画用紙、キャンバスなど)で、米子美術家協会会員と一緒に静物を描きましょう。

日時:2月3日(土)各日 午後1時30分〜午後3時30分

講師:米子美術家協会会員

会場:米子市明道公民館(米子市東町124)

定員:30人(要申込

対象:小学生以上どなたでも(小学1〜3年生は保護者同伴)

 

受付開始:平成30年1月7日(日)午前10時〜 定員になり次第締め切ります。

受付方法:電話、FAXまたは来館にて名前、住所、電話番号、年齢をお知らせ下さい。

参加料:無料

※当日好きな画材をご持参ください。

※本展観覧券が必要です(半券も可)

※詳細は米子市美術館へお問い合わせください。


※関連事業の一部は変更になる可能性もありますので、ご了承ください。





 ミュージアムスタンプラリー対象事業 /とっとり県民カレッジ連携講座



PAGE TOP