特別共催展「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展」

19世紀末のヨーロッパで流行した芸術様式「アール・ヌーヴォー」の代表的な画家アルフォンス・ミュシャ[1860-1939]は、パリの舞台女優サラ・ベルナールの演劇ポスターをきっかけに一躍有名になりました。流れるような曲線で描く優美な女性像と植物をモチーフにした華麗な装飾に彩られた独自の画風を確立し、あらゆるジャンルで才能を開花させました。本展では、ミュシャの代表作であるポスターや室内装飾パネルなどをはじめ、挿絵画家としての作品や装飾デザイン集、商品パッケージからカレンダー、ポストカード、祖国チェコで手がけた切手や紙幣など貴重な資料を含む約400点を展示し、その全容に迫ります。また会期中の平日及び母の日(5/13)に限り、一部の作品を除き写真撮影が可能です。(会期中は休まず開館します)


 

日本海新聞創刊135周年 西部本社設立35周年  米子市美術館開館35周年記念事業

平成30年度 米子市美術館 特別共催展

アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ 

 


 

会 期 : 平成30年 4月 28日()〜 6月 3日([会期中無休]


時 間 : 午前10時 〜 午後6時[最終入館は午後5時30分]


会 場 : 米子市美術館


主 催 : 米子市、米子市教育委員会、一般財団法人 米子市文化財団 米子市美術館、新日本海新聞社

 

特別協賛 : 山陰酸素グループ 

 

展示協力 : 堺 アルフォンス・ミュシャ館、川崎市市民ミュージアム、OZAWAコレクション、

OGATAコレクション


企  画 : 株式会社文化企画

 

後 援 : チェコ共和国大使館、チェコセンター、鳥取県、鳥取県教育委員会、島根県、島根県教育委員会、

境港市、大山町、南部町、伯耆町、日吉津村、日南町、日野町、江府町、松江市、安来市、

境港市教育委員会、大山町教育委員会、南部町教育委員会、伯耆町教育委員会、日吉津村教育委員会、

日南町教育委員会、日野町教育委員会、江府町教育委員会、松江市教育委員会、安来市教育委員会、

鳥取県小学校長会、鳥取県中学校長会、鳥取県高等学校長協会、鳥取県私立学校協会、鳥取県PTA協議会、

鳥取県子ども会育成連絡協議会、鳥取県文化団体連合会、鳥取県老人クラブ連合会、鳥取県公民館連合会、

鳥取県連合婦人会、鳥取県西部医師会、鳥取県西部歯科医師会、鳥取県薬剤師会西部支部、

米子商工会議所、境港商工会議所、松江商工会議所、安来商工会議所、西日本旅客鉄道米子支社、

米子市観光協会、境港市観光協会、松江観光協会、安来市観光協会、米子市文化協議会、米子市美術館後援会、

皆生温泉旅館組合、鳥取県美容業生活衛生同業組合、国際ソロプチミスト米子、国際ソロプチミストスワン米子、

国際ソロプチミスト境港、NHK鳥取放送局、BSS山陰放送、TSK山陰中央テレビ、日本海テレビ、

中海テレビ放送、日本海ケーブルネットワーク、山陰ケーブルビジョン、エフエム山陰、DARAZ FM 

(順不同)



 


 

観 覧 料 : 一般 1,000(前売 800)円  、高校・大学生 600円(当日券のみ) 、中学生以下無料

 

※一般で15名以上の団体、障がいのある方[付添1人を含む]は前売料金

※70歳以上の方、高校・大学生で15名以上の団体や障がいのある方[付添1人を含む]、

日本海クラブうさみみカード会員、Feel友の会、米子市歴史館友の会会員は当日料金の100円割引(割引重複利用不可)

※会期中の水曜日は、「とっとり子育て応援パスポート」「しまね子育て応援パスポート」提示で

当日券の100円割引(割引重複利用不可)


※前売券の販売は終了しました。


 

 


  
19世紀末のヨーロッパで流行した芸術様式「アール・ヌーヴォー」の代表的な画家アルフォンス・ミュシャ[1860-1939]は、パリの舞台女優サラ・ベルナールの演劇ポスターをきっかけに一躍有名になりました。流れるような曲線で描く優美な女性像と植物をモチーフにした華麗な装飾に彩られた独自の画風を確立し、あらゆるジャンルで才能を開花させました。

《ジスモンダ アメリカンツアー》 1895年 OZAWAコレクション
 
 
  
本展では、ポスターや室内装飾パネルなどをはじめ、挿絵画家としての作品や装飾デザイン集、商品パッケージからカレンダー、ポストカード、祖国チェコで手がけた切手や紙幣など貴重な資料を含む約400点を展示。ミュシャの全容に迫ります。

 

本展チラシ画像 おもて面(← クリックすると拡大版が開きます)

本展チラシ画像 うら面 (← クリックすると拡大版が開きます) 


 
特別展示 アール・ヌーヴォー期のガラス工芸
 
昨年米子市に寄贈された、アール・ヌーヴォー期のガラス工芸(井上幸夫・英子コレクション)を一部展示いたします。どうぞこの機会にあわせてご鑑賞ください。
 


 

関連事業 (いずれも参加無料)

 

@ オープニングギャラリートーク

日時:4月28日(土) 開会式終了後(午前10時15分頃〜)

講師:尾形 寿行 氏(OGATAコレクション所蔵者)

会場:本展会場内

※当日有効の観覧券が必要です

 

A コレクタートーク

日時:4月28日(土)午後2時 〜午後3時30分(開場:午後1時30分)

講師:尾形 寿行 氏(OGATAコレクション所蔵者)

会場:米子市立図書館 2階研修室

定員:100名(申込不要・先着順)

※本展観覧券が必要です(半券も可)

  

B 学芸員によるギャラリートーク

日時:5月12日(土)/5月19日(土)各日 午後2時〜

会場:本展会場内

※当日有効の観覧券が必要です


※関連事業の一部は変更になる可能性もありますので、ご了承ください。

詳細は、日本海新聞ホームページ をご覧ください。





 ミュージアムスタンプラリー対象事業 /とっとり県民カレッジ連携講座



PAGE TOP