ミュージアムスクール 美術上映会 「プルシャンブルー −世界を巡った謎の青−」

世界の巨匠たちが愛した「色」に関する映像を、学芸員の解説を交えて上映します。18世紀初頭、ベルリンの錬金術師により 偶然生み出された人工顔料「プルシャンブルー」。 「ベロ藍」「紺青」とも呼ばれ、その発色の良さから 瞬く間に世界に流通し、江戸時代の日本では 葛飾北斎の浮世絵版画《富嶽三十六景》などに多く使われました。 今回は、ルノワール《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》や、 ピカソ《自画像》など、「青」へのこだわりを追求した作品を 紹介しながら、その色の持つ魅力と謎に迫ります。


 

令和元年度 米子市美術館 第3回ミュージアムスクール

美術上映会

「プルシャンブルー 世界を巡った謎の青」


   

日 時 : 令和2年 3月 1日() 14:00 〜 15:00  (13:30に開場します)


会 場 : 米子市美術館 2階 第3展示室 (定員約40席)


参 加 費 : 無 料

 

※ 事前申込は不要です。当日、直接会場へお越しください。

 

お問い合わせ先 : 

米子市美術館

〒683-0822  鳥取県米子市中町12番地

Tel. 0859-34-2424     Fax. 0859-33-0679

 





とっとり県民カレッジ連携講座 /ミュージアムスタンプラリー対象事業


PAGE TOP