米子市立山陰歴史館

米子の歴史と人々の暮らしの移り変わりを紹介しています。
建物は旧米子市庁舎で、米子市指定の有形文化財です。



昭和5(1930)年、米子市庁舎として建築された赤レンガ色のスクラッチタイルが施されたモダンな鉄筋建築。設計者は工学博士の佐藤功一、増戸憲雄の両氏で、ゴシックとバロック様式を取り入れた当時としては山陰随一の近代建築でした。
昭和52(1977)年、市の有形文化財第1号に指定されました。

昭和59(1984)年、米子市新庁舎完成・供用に伴い、米子市旧庁舎を山陰歴史館に衣がえし、米子市とその周辺地域の歴史に関する資・史料の展示・調査研究・教育普及活動などをおこなっています。

所在地〒683-0822 鳥取県米子市中町20番地
連絡先TEL:0859-22-7161 FAX:0859-22-7160
開館時間9:30 〜 18:00  ※ただし、入館は17:30まで
休館日毎週火曜日/祝日の翌日/年末年始 (12月29日〜1月3日)
 ※展示替え作業に伴い臨時閉館日を設ける場合があります。
入館料常設展示は無料、企画展示は別途

アクセス


大きな地図で見る

自動車の場合

米子道米子ICより車で約15分
駐車は米子市役所駐車場をご利用下さい。(駐車券をお持ち下さい、2時間まで無料です。)

徒歩・バスの場合

JR米子駅より徒歩約15分、バスをご利用の場合は市役所前下車

施設案内

教育・芸術
米子市児童文化センター
米子市美術館
米子市立図書館
音楽文化
米子市文化ホール
米子市公会堂
米子市淀江文化センター
歴史・文化財
米子市立山陰歴史館
米子市福市考古資料館
米子市埋蔵文化財センター埋蔵文化財調査室