コレクション展Ⅰ 「版画の多様性 様々な素材 様々な技法」

令和3年度 米子市美術館コレクション展1

版画の多様性 様々な素材 様々な技法

浜口陽三《さくらんぼと青い鉢》.jpg

浜口陽三 《さくらんぼと青い鉢》 1976年   カラーメゾチント  当館蔵


米子市美術館では開館当初より、近・現代を中心とした版画作品を収集方針のひとつとしてコレクションの形成を進めており、 現在363点の版画作品を収蔵しています。版画は古くから様々な技法で制作され、長い歴史の中で広く人々に親しまれてきました。 しかし、版画に興味をもっていてもそれが「どのようなものなのか?」 「どんな種類があるのか?」などを知る機会はあまり多くありません。

そこで、本展では凸版(木版など)・凹版(銅版など)・平版(リトグラフなど)・孔版(シルクスクリーンなど)といった4種類の基本的な版 形式に注目し、それぞれの版種の特性を紹介します。素材(版材)・技法の違いにより生み出される多様な版画表現をお楽しみください。 

二代歌川広重《東都三十六景 高輪海岸》.jpg

 
二代歌川広重《東都三十六景 高輪海岸》1862年  木版  当館蔵

 

会 期

2021年 95日(日)~ 103日(日) [水曜日休館]

時 間 午前10時 ~ 午後6時
会 場 米子市美術館 1階 第2展示室
主 催 米子市、米子市教育委員会、一般財団法人 米子市文化財団 米子市美術館
観覧料

一般 330(270)円 

※ 大学生以下の方、70歳以上の方、障がいのある方(付添1名含む)及び米子市美術館後援会会員の方は無料
※( )内は15名以上の団体、Feel友の会・米子市歴史館友の会、日本海クラブうさみみ、山陰中央新報さんさんクラブ会員、鳥取県ミュージアムネットワーク加盟館のチケットや年間パスポートをお持ちの方、「とっとり子育て応援パスポート」「しまね子育て応援パスポート」をお持ちの方の料金

※割引重複利用不可


関 連 事 業

● 学芸員によるギャラリートーク
日時:9月18日(土)、10月2日(土)各日 午後2時〜 
会場:本展会場内
*申込不要、本展観覧券が必要です

● おやこでアートじかん
未就学のお子さんと保護者の方と一緒に作品鑑賞する時間を、会期中毎週月曜午前中に設定します。
日時:9月6日(月)、9月13日(月)、9月20日(月・祝)、9月27日(月)各日 午前10時〜正午
会場:本展会場内
*申込不要、本展観覧券が必要です
*この「おやこでアートじかん」ご利用以外のお客様には、該当時間内ご理解・ご協力いただきますようお願いします。

 


第77回米子市秋の文化祭参加事業/第19回鳥取県総合芸術文化祭・とりアート2021参加事業/とっとり県民カレッジ連携講座

上へ戻る