共に生きるアート展 KANSEI 7


共に生きるアート展  KANSEI 7


「障がいのある人たちが創造するカタチ」をテーマに、平成26年度(2014年)から開催してきた「米子市障がい者アート展 KANSEI」が、今回から「共に生きるアート展 KANSEI」とタイトルが変わります。
タイトルの「KANSEI(かんせい)」には、障がいのある方たちの「感性」により作品を制作、「完成」し、その作品を見た人たちから「歓声」が上がるという意味が込められています。
今回は、絵画、イラスト、書、写真、手芸など、約160点の作品を一堂に展示します。ぜひこの機会に、多彩な「KANSEI」あふれる展示を観にご来場ください。

KANSEI7_HP.jpg

会 期

2020年 924日(木)~ 929日(火) [会期中無休]

時 間 午前10時 ~ 午後6時  ※最終日は正午まで
会 場 米子市美術館 2階 第4展示室
主 催 米子市
共 催 米子市教育委員会、一般財団法人 米子市文化財団 米子市美術館
後 援 米子市身体障害者福祉協会、米子市手をつなぐ育成会、精神障害者家族会すけっと
協 力

NPO法人あかり広場、NPO法人おりもんや、NPO法人おおぞら、
特定非営利活動法人ever green、NPO法人山陰福祉の会、

特定非営利活動法人支援センタークローバー、

株式会社サンライズさんこう ワーキングプレイスサンライズ、
地域活動支援センターひまわり、地域活動支援センターひまわり倶楽部、

社会福祉法人もみの木福祉会、米子サン・アビリティーズ、

放課後等デイサービススマイル、放課後等デイサービス孫の手、

博愛子ども発達在宅支援クリニック、鳥取県立総合療育センター、米子市こころの広場

(順不同)

観覧料

無料

 

第76回米子市秋の文化祭参加事業/第18回鳥取県総合芸術文化祭・とりアート2020参加事業/とっとり県民カレッジ連携講座

上へ戻る